Tampere

タンペレのおすすめレストランで息子とデート ロケーションもお味も大満足でございます

Moi!
今日もタンペレはいい天気です。家の中でじっとしているのがもったいないぐらい。
さて、フィンランドに来て驚いたことの一つが夏休み。新学期スタートがインターナショナルスクールは3月、高校は4月とそれぞれ違うのですが、夏休みはどちらも6月スタート。日本の夏休みより少し早い夏休みですね。
毎日気の向くままに生活する二人。
今日はそんな気まま生活を満喫する息子からのリクエストで、レストランに行ってみましたよ。
今回行ったレストランはこちら。

タンペレ駅から徒歩7分ほどの場所にあります。
前回 タンペレの台所 Tampere Market Hall 行ってみたよ でご紹介したマーケットホールとは徒歩数分の距離。
タンペレ駅からマーケットホールに向かう途中にレストランがあります。
レストランはタンメレ川の川沿い、Kosukipuisto(公園)の側という好立地にあり、川と公園を見渡しながら食べられるテラス席は特等席ですね。
Puistoとは、公園という意味があるそうです。

初めてのレストラン、ドキドキのランチビュッフェ

ビュッフェスタイルのランチメニューは、メイン3種類、サラダバー、パン類、水と薄い味のついたジュース、コーヒーもしくは紅茶のセットで10.9€。
10時30分到着のkozumomたちはランチの一番乗りでしたが、店内はモーニングタイムからのお客さんで、ちらほらと埋まっている状態でした。

Koumomたちは店内ですが川が見える方の席を選びましたよ。
ランチメニューの写真はこちら!

サラダ、トッピングのナッツ、メインメニュー、パン、水の順で並んでいました。

1時過ぎにはどんどんお客さんが増え、気づけばテラス席にもたくさんのお客さんが座っていました。
メインメニューは1つ選ぶタイプだと思っていたので、メインが全部食べられることが嬉しくて3種類全部食べましたよ。
メニューの札がないと思っていましたが、よく見ると上の方に書かれていました。

HPを見ると、メニュー名の他にも、グレインフリーなど表示されていることがわかりました。

VL = 低乳糖、L = 乳糖フリー、G = グルテンフリー、VE = ヴィーガン、T = 激辛?、M = 乳製品フリー、K = ベジタリアン、PÄ = ナッツあり

さて、食わず嫌いで若干偏食気味のkozumomですが、なんと今日のメニューは全部食べることができました!
温かいスープなどあると嬉しかったですが、食べられるものがたくさんあるだけでもありがたい。そして、どれも日本人の口に合う味付けだと思います。

一つわからなかったのが、水と一緒に並んだ飲み物(写真左側)。薄いグレープのようなプルーンのような・・・知っている様な知らないような不思議な味がしました。味はともかく、体には良さそうでしたよ。残したらいけないので、kozumomは水を選びました。

帰宅してからも気になるあの飲み物。
もしかしたら、次に行ってもう一度飲んだら好きになる、かもしれません。

紅茶は2種類ありました。
コーヒーはフィンランドでお馴染みのケータリングポットに入っています。
こちらでは熱々のコーヒーというより、ほんのちょっとぬるめのコーヒーが多い気がします。
猫舌にはありがたい。
数少ない読めるフィンランド語の一つ「kahvi(コーヒー)」が読めて、なお嬉しいkozumom。

そして、勝手に命名、サプライズパン!
手前のカリカリのパンは、いつもスーパーで購入しているパンと同じ種類だったので安心して食べましたが、奥の方のちょっとふわっとしたパンは初めて見るもの。
勝手に甘いイメージを持って食べたものだから、余計にびっくり。
なんと砂糖だと思っていたのは、岩塩のような塩の塊でした。
サプライズパン。塩対応?違う、なんと言えばいいのだろう。
こちらの方はじっとり油が染み込んでいるので、食べ盛りの青年や塩が好きな方にはいいかもしれません。
パンのコーナーは特に札や表示がなかったので店員さんに聞きたかったのですが、皆さん忙しそうだったので、またの機会に聞けたらと思います。

先日行ったカフェもそうでしたが、アレルギーなどで食材が気になる方も表示があるので選びやすいですね。
日本でもほとんど外食をしたことがなかったのですが、今は日本もこのように親切に表示しているのかな?

・・・
ビュッフェスタイルは食べてなんぼ。
食べまくるぞーと朝食も食べずに気合を入れて行きましたが、結局食べられたのはお皿1枚分。
量よりも質。それだけボリューム満点のメニューでした。
工事関係者の方もお仕事中でランチタイムっぽく見える方もたくさんいらっしゃいました。
フィンランドの外食費は高くつきますが、ここはお値段的にも優しい方ですし、ランチタイムにすぐ食べられるスタイルなので総合的にうけがいいのかもしれません。

フィンランド語が読めなくても、英語が話せなくても、とりあえずカタコト英語でも入店できて、食べられる嬉しいランチメニュー。

ランチのメインメニューは曜日によって変わる様です。
タンペレへお越しの際は、ぜひ行ってみたいレストラン候補の一つにしてみてくださいね。

隣接する公園のベンチや芝生は、天気の良い日の昼は日光の人で、今の時期は夜22時も明るいので、夜でも人が座ってのんびりしています。公園にはいくつかオブジェがあり、一つずつ見ても面白いですよ。
レストランの帰りは、公園でのんびり過ごすのも良いですね。

22時頃のレストランと公園。天気がいい日は昼もたくさんの人が日光浴をしています。

川の流れにも流されない?!愛の誓い

高低差18メートルの差があるナシ湖とピュハ湖をつなぐタンメレ川は、近くで見ると迫力のある流れの速い川です。
この川にはいくつか橋がかかっていますが、その中で面白い橋を見つけましたよ。
レストランPuistoからフィンレイソンエリアに向かって徒歩7分ほどの場所です。
たくさんの鍵がついてますね。

橋からレストラン側を見るとこんな感じ。

これは恋人同士などが、水に流されないぐらい強固な絆で結ばれます様になどの意味を込めて、鍵をかけていくそうです。古い鍵だけでなく新しい鍵、ユニークな鍵もありましたよ。

今日はもうお夕飯いらないかなと思うぐらい、お腹いっぱい食べたkozumom。

少し昼寝をした後は、お気に入りの図書館に行こうかな。
今日はお腹いっぱいだから図書館内のカフェはおあずけですね。
次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、Moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
ブログランキング参加しております。

「面白かったよ」「惜しい、もっと頑張れ」などの応援ポチッをしていただけますと励みになります。


フィンランド(海外生活・情報)ランキング 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。