Dogs / Tampere

今日のわんこ、鳥のさえずりを聞きながら散歩とご褒美
 タンペレおすすめの散歩コース

Moi!
皆さんはどんな夏をお過ごしでしょうか。
Kozumomにとってフィンランドで過ごす初めての夏。
寒くなったら遠出が厳しくなることを考えると、夏のうちにあちこち行きたい。
暇さえあれば、次はどこ行こうか考えてしまいます。
南国生まれのkozumomは、これまで猛暑の夏はいかに太陽にあたらず、涼しいところで過ごせるかと考えていました。

でもフィンランドに来てからは、お日様のもとでお散歩することが楽しく、また用もないのにふらふらと出かける時間が楽しい。
それはわんこも一緒(わんこは日本にいる時からそうかもしれませんが)。
タンペレは舗装された道路だけでなく、緑豊かな公園がたくさんあり、公園以外にも土や芝生など、犬の足に優しい環境が整っています。
今日はその中からお気に入りの散歩コースをご紹介します。

Pyynikki Nature Reserve(Pyynikin luonnonsuojelualue)

タンペレ駅から徒歩40分ほどの場所にあります。
前回、タンペレのおすすめ観光スポット ピューニッキ展望台 行ってみてよ  でご紹介したピューニッキ展望台の側です(土地の区分的な難しいことは分かりませんが、イメージとしては公園の高台、あるいは公園内にピューニッキ展望台があるといったところでしょうか)。

いくつか公園に入る道はありますが、公園内には特に立ち入り禁止の看板もないので、何となく気の向くまま歩いても迷子にはならないと思います。
今回kozumomたちは、ピューニッキ展望台の側の階段からスタート。
朝の9時頃到着しましたが、木陰に入るとひんやり、涼しいです。
長めの階段はわんこの負担になるので、わんこの体調に合わせて抱っこが必要ですね。

我が家は抱っこ紐がないので、足に負担がかかりそうな場所は、kozumomと息子でそれぞれをだっこ。
今日はわんこの散歩1組、自転車で通る方2人とすれ違ったのみ。

熊はいなさそうなので、時々リードを外して自由に歩かせました。
歩く速さやルートにもよると思いますが、いつも大体30分から45分ほどで公園を一周できています。
2週間前より大きな蚊が増えていたので、フィンランドでも夏は防虫対策が必要ですね。



4月は高台の岩の上から小さく湖が見えたのですが、今日はだいぶ木が茂っていて、ほとんど見えませんでした。

湖は見えませんが、木陰を歩き続けた後に、視野が一気に広がる岩の上は気持ちいいですよ。

Kozumomにはどの道も同じ様に見えますが、きっと木や花に詳しい人にとっては、もっと楽しい景色だろうなと思います。

公園内には、小さなアスレチックと広い芝生があります。
今日は小さなお子さんや子どもの運動教室が使用していました。
夕方はおじさまがトレーニングで懸垂していることもあります。

公園内には水道がないので、わんこ用に水分補給ができるものが必要ですね。
ゴミ箱は公園の入り口付近にあるので、うんち袋を持っていれば、持ち帰らなくてすみます(これ、フィンランドのいいところ!)。

先日湖に浮かぶ島に遊びに行った時に、フィンランドの国花がすずらんと知りました。
ピューニッキ展望台側にたくさん咲いていましたよ。
見つけると嬉しくなりますね。

広い範囲で小さな可愛いすずらんが咲いていました。

公園内は平坦ではなく、階段や坂道もあります。岩場も歩けるところが多いので、少し険しい道も大丈夫なわんこにとっては、刺激のあるいい公園だと思います。
いつも平地を散歩しているkozumom家のわんこたちにとって、ちょっとした階段や坂道はいい運動になっています。
さぶろーとよしこ二人だと、散歩しながら上手に遊んでいる様に見えるので、それはそれで見ていて微笑ましいです。

帰りはもちろん、ムンッキを食べる!

今日は、前回テラス席のみだったカフェが店内も使用可能になっていました。
しかし、わんこ連れはテラス席オンリー(展望台はわんこもOK)ということでした。
ちょっと残念。
でも今日はkozumomたち以外にもわんこがいて、ほんの少しですが犬同士ご挨拶できました(よしこは椅子の下に隠れてしまい、写真が撮れませんでした)。

わんこさんは、まだ3ヶ月ぐらいの赤ちゃん、小さなお子さん、ご両親とご来店。
お母さんが、わんこに「お座り?まて?」的なコマンドを出していたのですが、3回目で座ったのはお母さんの隣に立っていた小さなお子さんの方。
Kozumom含め、周りのお客さんはクスッと笑いながら、お母さんにどんまいのエールを送りました。

わんこには、家から持ってきたおやつをあげました。
今日は朝から人もわんこも大満足、大満足の朝でした。

前回撮影できなかったカフェの写真です。
ムンッキはグルテンフリーなどアレルギー対応もしているので、配慮が必要な方にもお楽しみいただけそうです。
わんこが外で待っていたので、写真は2枚のみ。
また別の機会にゆっくりカフェ内を楽しみたいです(その時撮影できたら追加しますね)。

今日は展望台の前で食事中のリスさんにも会いましたよ。

わんこに優しい国フィンランド。
タンペレに滞在する時にはぜひ、公園で美味しい空気を吸いながら、鳥の声を聞きながら、贅沢な森林浴をして帰りにムンッキをお召し上がりください。
ムンッキとコーヒーで幸せを感じることができます。

フィンランドに来てから、日本にいる時に比べ、あまり嬉しいことではないですが、花粉が身近なものになりました。
毎日窓のサッシや周りを拭いても拭いても、数時間後にはざらざらします。
机の上や、机の上に置いてあるスマホなどにも、うっすら粉っぽいものがつきます。
最近は毎日、このざらざらが嫌で極力窓は開けないように、でも窓を思いっきり開けたいの葛藤です。
でも今日は天気がいいので、思い切って窓を開けて窓拭きをしました。
花粉症の人にとっては恐怖の部屋ですね。たとえ花粉が大量に部屋に入り込んだとしても、今日は日本にいる時みたいに、窓を開けて換気したかったのです。

暗くて見えにくいですが、サッシに小さな鍵穴があります。
これ鍵穴。

フィンランドの窓は二重窓で、大きな窓を一つの窓を開けるためには、8箇所あるいは10箇所の鍵を開けなければなりません。
鍵はピアノの調律に使うハンマーみたいで、使うときはちょっと嬉しくなりますが、さっと窓を開けたい時には、窓一つ開けるだけなのに面倒だと感じます。

kozumom家のすぐに開けることのできる窓は、とても小さいです。今日は掃除ついでに大きい方の窓も開けたまま、ご近所から丸見えのまま昼食を食べました。まあ、これも思い出ですね。

北海道とか寒い地方の窓もこのような仕様なのかな?
窓を拭いたら、ブラインドも拭きたくなりましたが!あまりの汚れのひどさに見なかったことにしました。
ブラインドの上手な掃除の仕方を調べなければいけませんね。

さて、今晩はお楽しみサウナの日です。サウナ中はぼんやりしたり、フィンランド語を覚えたり、ちょっと寝たり、少しずつ自分なりに楽しく過ごせるようになりました。今日はたくさん歩いて、サウナに入って、ぐっすり眠れること間違いなし!
次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、Moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
ブログランキング参加しております。

「面白かったよ」「惜しい、もっと頑張れ」などの応援ポチッをしていただけますと励みになります。


フィンランド(海外生活・情報)ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。