Memo

フィンランド生活備忘録 初旅行はトゥルクへ おすすめスポット トゥルク美術館

Moi!
いよいよ東京オリンピック開催ですね。
コロナで延期から1年。様々な立場の方が色々な思いをもち、開催されると思います。
どうか、無事終わりますように。kozumom家はテレビがないので、リアルタイムで観戦したり、いち早く情報をキャッチする事が難しいと思いますが、遠くから選手の皆様を応援しております。そして医療従事者の方々の負担が最小限ですみますように。
さて、kozumomブログはまだまだトゥルク旅行の話がありますので、今回は最終日に行ったトゥルク美術館のご紹介です。

トゥルク駅から徒歩15分ほどの場所にあります。大きなお城に見える美術館。駅方面から小高い場所にあるので、さらに壮大な建物に見えます。1904年開館と、長い歴史のある美術館。2004年に開館100周年を記念して復元、再オープンしているんですね。

美術館から眺めた街。

美術館の周りを囲むように公園になっています。
kozumomたちが美術館に来たときは、公園で日光浴をしたり、グループでおしゃべりしたり、皆さん楽しそうに過ごしていました。

階段からカフェを見るとこんな感じ。
右側に受付とショップ。

美術館を入ると、ホテルマンのような担当者が案内してくれました。左手にカフェ、ショップ、美術館受付となっています。kozumomと息子は担当者が入り口に立って誘導しなかったら、うっかりそのまま2階に上がってしまっていたと思います。

1階の特別展示は写真撮影可能だったので、記念にたくさん撮影しました。今回は3人のアーティストさんの作品が展示されていましたよ。

最初のブースは、動物がモチーフになっているので、小さなお子さんも飽きずに鑑賞できそうな作品が多かったです。

kozumomが大好きなカエルの置物。日本の我が家にもカエルの置物が大小いくつかありますが、ヨーロッパのカエルもまた可愛らしい表情が多いです。この作品はちょっと寝てる顔ですかね?

他のアーティストさんの作品の写真は撮っていないので、ぜひHPから観てみてくださいね。

ショップは女子はこんな感じです。

外観とはまた違った雰囲気で、ショップはモダン的なシンプルインテリアでした。

2階の常設展示もスペースが広く、美術館をしっかり鑑賞したい場合は、1時間以上の鑑賞時間を予定していた方がよさそうです。

トゥルク美術館の入館料は大人10€、学生・高齢者など7€、10人以上のグループ7€、16歳未満は無料です。kozumomはミュージアムカードで入館したので支払いはなしでした。

ミュージアムカードって?
フィンランド在住問わず、年会費72€を支払うことで対象施設300箇所の施設に無料で入れる(入場券)カード。初めての入館日から1年有効です。

トゥルク旅行の様子はこちらから。

トゥルク駅のロッカーの鍵です。
最終日はチェックアウトが11時と早かったので、ロッカーに荷物を預けて街中をぶらぶらしました。面白い形の鍵だったので、記念に撮影。
美術館の後はお友だちに新しいお友達を紹介してもらい、駅前の公園でおしゃべりを楽しみました。
みんな犬が好きでよかったです。人見知りするkozumom家のわんこたちもびっくりしながらも、吠えずに抱っこされたりしていたので少し安心しました。
次回の投稿で楽しかったトゥルク旅行については最終回の予定です(まだ続くんかい!って?)。
さて、オリンピック日本は何個メダルが取れるかな?フィンランドはどの競技が強いのかな?kozumomも家でできる応援を楽しもうと思います。
次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、Moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
初めての海外生活、あっという間に毎日が過ぎていきます。
「フィンランド行ってみたい!」「トゥルク旅行の話もっと聞きたい!」と思ってくださった方はクリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村


フィンランド(海外生活・情報)ランキング



投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。