Memo

フィンランド独立記念日 我が家はこう過ごしました フィンランド生活備忘録

Moi!
12月6日(月)はフィンランド独立記念日。初めての独立記念日、どう過ごして良いのかわかりませんでしたが、我が家なりに考え過ごしました。初のフィンランド独立記念日、kozumom家の過ごし方備忘録です。

と、備忘録の前に、ちょっと調べてみました。
フィンランド独立記念日の過ごし方は地域や家庭によって違うかもしれませんが、ご参考までに(読み進めると12月6日独立記念日の話となります)。

INDEPENDENCE DAY CONCERT

Tampere Filharmoniaの演奏で、知る人ぞ知るシベリウスのフィンランディアを鑑賞。
今回は、演奏中お客さんが倒れたり、演奏中なのに隣のおじさまに肩をトントンされ、何か失礼な事でもしたのかと一瞬ビビったら、プログラムを見せてとお願いでした。しばらくして挟んでいたチケットだけ返ってきた時は、「えー!」とちょっとびっくりしたけど、その後ちゃんとプログラムも返してもらえました。
最後のフィンランディアの演奏が終わるとほぼ総立ちで拍手。
やはりフィンランドで聴くフィンランディアは、書き出せない程、色々な事を考えさせられました。
子どもたちには、予めこの曲にどのような歴史があるか話していたので、家族全員でタンペレで鑑賞できたこと、本当によかったと思っています。
倒れた方は貧血だったのかな?無事回復されていますように。

今日のプログラム(HPより抜粋)

指揮:Emilia Hoving
バス:Jaakko Ryhänen

Outi Tarkiainen (b. 1985): Midnight Sun Variations
Lotta Wennäkoski (b. 1970): Hava
Joonas Kokkonen (1921–1996): “I Cannot Open The Door” from the opera “The Last Temptations”
Kokkonen: Symphony no. 4
Kokkonen: “I Must Speak Before My Death” from the opera “The Last Temptations”
Jean Sibelius (1865–1957): Finlandia op. 26 no. 7

Our Independence Day Concert is a celebration of Joonas Kokkonen and Finnish music. Kokkonen’s music is surrounded in the programme by composers that came before and after him. The orchestra is led by young conductor Emilia Hoving, a familiar guest in Tampere. This concert also celebrates bass singer Jaakko Ryhänen’s 75th birthday in December 2021.

個人的にもとても思い入れのある作品であるフィンランディアを鑑賞したことで、独立記念日とは関係ありませんが、これまでどう働いて、どう家族と向き合ってきたかを考えるいい機会になりました。
帰国したらどうしよう、人生先の事はわからないけど、フィンランドという国で生活したことはきっといつか活かせるはず。そう思いながら明日も頑張ろうと帰路につきました。

帰りは大好きなタンペレ大聖堂の前を通りフィンレイソンエリアへ。

引っ越しして来たばかりの頃は、どう過ごしていいかわからず、毎日1時間以上散歩していたなあと、すっかり懐かしい思い出になってしまった春や夏の日。ここもお気に入りの散歩コースです。今日もずっと氷点下だったけど、嫌いじゃないよこの寒さと思いながら、何枚も写真撮影。

フィンレイソンエリアもクリスマスイベントがいくつかありますが、今日は外壁のライトアートというんでしょうか。照らし出される絵を観て楽しみました。

フィンレイソンエリアは楽しい場所がたくさんあります。博物館好きな方には全部おすすめです。

最後はTallipiha Stable Yardsのクリスマスマーケットを覗いて帰りました。これについてはまた今度書きたいと思います。

夏や秋に書いたブログがとても遠い過去に思えますが、たった数ヶ月前なんですよね。景色も今の雪景色と違い、青々と木が茂っているので余計に遠い過去に感じてしまうのかもしれません。
今日は楽しみにしていた独立記念日にちなんだイベントも中止になっていたので、ちょっと寂しい1日かなと思いましたが、振り返ってみると盛りだくさんの1日でした。

12月5日、お友だちの家の帰り。kozumomおそらく初体験のマイナス16度。

演奏会場へ向かう途中、タンメルコスキが少し凍っていました。毎日寒い寒い言いながらも、実はしっかり厚着していると、顔以外は寒くないです。南国生まれ南国育ちですが、寒さに強いkozumomです。
今日はフィンランド独立記念日ということで、Googleがフィンランドの国旗になっていたので、記念にスクリーンショットで記録。ああ、フィンランド生活、どんどん残りわずかとなって寂しいです。次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、Moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
初めての海外生活、あっという間に毎日が過ぎていきます。
今日のkozumomのランキングは何位かな?
kozumomのブログを読んで「フィンランドに、タンペレに行ってみたい!」「kozumom頑張れ!」と思ってくださった方はクリックしていただけますと励みになります。


フィンランド(海外生活・情報)ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

クリスマス、お正月のオードブルにおすすめです。

「うまみと栄養価を最大限に引き出した発芽大豆」を使った大豆ミート。トレーニング中やダイエット中の方も美味しく楽しめます。

投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。