Memo

ささやかな贅沢 寒い季節もアルコールがあれば乗り越えられる? フィンランド生活備忘録

Moi!
皆様いかがお過ごしですか?
kozumomは昨日転んだ時に打った腰が時々ぐさっと痛くなるので、午後は家でのんびり過ごすことにしました。さて、引っ越し荷物をまとめながら、PCやスマホの写真も整理していると、まだ紹介できていないアルコールがたくさんある事が判明。今日はフィンランドで味わった美味しいアルコールのをちょこっと紹介したいと思います。

結局サイダーはなんでも美味しい!事がわかりました

秋頃から撮りためていたサイダー。サイダーはどれも同じぐらいのアルコール度数で、香料がきつめのメーカーとか差が出てくるかな?と思っていましたが、時々1本ずつ飲む程度の飲酒なので、その時の気分でどれも美味しく感じるので、サイダーに関してはさほど大きな差はないように感じました。
カロリーが高めなので飲み過ぎには注意が必要ですが、中にはカロリーオフもあるので安心ですね。

サイダーの各メーカーについてはこちらをチェック!

今更気になったのが、こちらにきてからサイダーという飲み物を知って感激していましたが、日本ではサイダーとシードルどちらが主に使われているのでしょうか。今まで数店舗の店員さんと話しているとサイダーと聞こえいるのでサイダーだと思っていましたが、もしやシードルと言う方が伝わりやすかったのか。こっちの方が断然日本ではわかりやすい!とわかれば修正しますね。

今回のおすすめビールはKoskipanimo というタンペレの醸造所のビールです。

美味しいビールの時は、コップ一杯分だけもらって、残りは普段格安ビールばかり飲んでいる夫にあげていますが、やっぱり美味しいと言います。

味はちょっと薬草が入ったような、一瞬びっくりするけどクセになるパンチのきいたビール。kozumomはビールも大好きなので夏でも冬でも問わず美味しく飲めそうです。
ちょっと普段飲んでいる格安ビールより高級なので、このビールを飲む時だけは夫婦で仲良く半分こしています。家で大切に飲むのもいいですし、市外からお客さんが来た時に、タンペレのクラフトビールですと一緒に飲む時間も楽しいですよ。お土産にもとても喜ばれました。

フィンレイソンエリア内に醸造所があり、レストランが併設されています。ランチも好評なので近々家族で行く予定なのでとても楽しみにしているkozumomです。またレストランについてもブログで紹介しますね。

フィンランドは、一時アルコール中毒症の患者が多く国の問題となっていた時期もあるそうで、その規制の名残なのか、今でもワインやアルコール度数の高い酒類はAlkoというアルコール専門店でしか買えません。通常の食品を取り扱うスーパーマーケットなどでは夜9時に全てのアルコールの販売が終了するので、9時前はアルコールを持ってレジに並ぶお客さんが多い事もありますし、駆け込みで店内に入ってきた人が、「セーフだから」というような言葉を店員さんにかけて急いで商品を取ってくる人もいたりします。

フィンランドにお越しの際は、ぜひAlkoにも寄ってみてくださいね。またスーマーパーケットのお酒コーナーも見ていて楽しいですよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

今日のわんこ。ブラッシング前におやつを待つ姿です。特にさぶろーは人に触られるのが嫌いなので、ブラッシングはとても嫌がります。それなのに、よしこがブラッシングされている間は近くで待つのです。でも自分の番になると暴れる、全くよくわからない犬ですが、とりあえず前後のご褒美(おやつ)はもれなくもらいたいのだと思います。グルーミングまであと数日、さっぱりするまでもう少しの辛抱です。それにしても時々腰が痛くなるなー。
昨日とは打って変わってたくさん雪が降った今日(お陰で道は歩きやすかったです)、午後からは太陽も出てきました。今日は綺麗な夕日が見えるかな?次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、Moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
初めての海外生活、あっという間に毎日が過ぎていきます。
kozumomのブログを読んで「フィンランドに行ってみたい!」「kozumom頑張れ!」と思ってくださった方はクリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村


フィンランド(海外生活・情報)ランキング

創業天保3年、京都宇治の老舗茶屋「伊藤久右衛門」。「春限定の抹茶スイーツ特集」や冬のスイーツグランプリ総合1位を受賞したことのある「いちご抹茶だいふく」など人気商品もおすすめです。

帰国後の待機ホテルの検索などをしていると、旅行にいきたくなります。早くコロナが落ち着いてどこでも気軽に出かけられる様になりますように。

投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。