Memo

犬も一緒に旅行! 楽しかったトゥルク旅行2泊3日 フィンランド生活備忘録

Moi!
皆様いかがお過ごしですか?三連休最後は大雨の予想でしたが、今の所雨は降らず、庭の草をむしりや本を読んだり、のんびり過ごしているkozumomです。
さて、昨年のちょうど今頃はトゥルク旅行でした。犬たちも一緒に初めての遠出。楽しい思い出ばかりです。

フィンランドの乗り物はリードのままペットも乗車OK!

フィンランド生活で快適だったのは、犬たちがVRもトラムもバスも、タクシーもリードのまま乗車OKだったことです。
アレルギーのある方にとっては、見えなくてもペットの毛やふけは神経質になるのも理解できます。というのも、kozumomは犬が大好きですが、軽度の犬アレルギーとハウスダストがあるので、時々ペットショップに行った後やわんちゃんと接触した後にくしゃみが止まらないことなどもあります。
フィンランドのVRやトラムには専用車両がありますし、タクシーも事前に運転手さんに確認してOKであればそのまま乗せることができ、バス会社のHPには乗客にアレルギーのある方がいる場合は断る可能性があると書かれていますが、厳密に不可とは書かれていません。
完全なる共存は難しいと思いますが、ペットがきちんと躾され、飼い主さんも状況的に難しい場合は無理しない範囲で、日本でもペットとの移動がスムーズになればいいなと思っています。

ペットと一緒に宿泊も快適!

日本では宿泊が伴う遠出をする時には犬たちをペットホテルに預けていました。
フィンランド生活を機に、可能な限り一緒に過ごそうと、トゥルクにも連れて行くことに。
タンペレのペット預かりはいくつかあたりましたが、とても高かった!!というのもありますが、ペット可能のホテルも多く、値段も数千円程度の追加料金だけなので、結局は一緒にホテルに移動した方がペットにとってもいいという感じでした。
この時利用したお部屋は家族4人で泊まっても充分な広さで、犬たちもくつろいでいましたよ。

トゥルク大聖堂は時間をかけてゆっくりみたい!おすすめスポットです。

教会の何を見るの?と聞かれたことがありますが、kozumomは教会の歴史やオルガン、内装、ステンドグラスなど無知なりにしっかり見て歩きたい人なので、旅先の教会やお寺などは見たい人です。
こちらの大聖堂は見るところがたくさんあるので、ご興味のある方は観光時間をたっぷりとることをお勧めします。
フィンランドの教会では、一般人も入場できる演奏会を開催している日もありますので、事前にスケジュールを確認してその日に行くというのも楽しみ方の一つですね。

水上バスに乗ったり、美術館で涼しく展示物を鑑賞したり、街並みがタンペレと違い、ぶらぶら歩くだけでも楽しい思い出になっています。

今回掲載の情報は2021年の情報ですので、事前にHPなどで最新情報をチェックしてからお出かけしてくださいね。
kozumomは他にもトゥルク城やマーケットなど、見たいところがたくさんあるかな。次は季節をかえて行ってもいいかもしれない。いつかまた行ける日を夢見て、今日も早くお金貯める方法はないかなーと考えているkozumomです。

今日のわんこ。2階に上がることはできても、自分で降りられない犬たちです。kozumomが洗濯物を干しに行くところをやんわり妨害しつつ、「2階より外がいいんじゃない?」と言わんばかりの表情で庭に行きたがっていた犬たちでした。
明日はkozumomの美容室に行く日!白髪を染めて、気分もスッキリするぞー。次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
初めての海外生活、あっという間に毎日が過ぎていきました。
kozumomのブログを読んで「フィンランドに行ってみたい!」「kozumom頑張れ!」と思ってくださった方はクリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村


フィンランド(海外生活・情報)ランキング

kozumomのわんこたちはグレインフリー!香料・着色料不使用!のモグワン!

おうち時間。犬にとっても快適な環境を作りたいですね。

美味しいものを楽しみつつも、健康維持もぬかりなく!日本初!レンジで簡単レトルトオートミールです。

念⼊りにUVケア(紫外線予防)をすることが多いですよね。日光によって合成されるビタ
ミンD不足の対策にどの方にもピッタリです。

投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。