Memo

タンペレの冬を感じて フィンランド生活備忘録

Moi!
皆様いかがお過ごしですか?昨日は相変わらず一人でえらいこっちゃと大騒ぎをしていたkozumomです。ブログの他にも学校の先生に連絡しないといけないことを忘ていたことに気づいたり・・・・相変わらず自分で自分の首を絞めまくっていましたが、今回は昨日紹介できなかった写真も載せて備忘録です。

インターネットの世界は大変だ。でもうっすら理解してはわからずの繰り返し

ブログ更新が思ったようにできないトラブルの原因はわかり、対処しようと試みたものの、またまたおかしな事をしたようなのでサポートセンターに問い合わせ。本当にありがたいシステムです。あまり迷惑をかけないように知識を身につけていかないといけないなあと痛感しました。

2月のとある日。kozumomの日常で見るタンペレの景色

昨日はお日様がしっかり見えていたようで、気温はマイナス7度とかぐらいでしたが、気分は晴れ晴れするほど気持ちがよかったです。通学路の途中にある木は、すっかり葉が落ちてしまいましたが、時に雪帽子を被ったり、天気の良い日は影絵のように綺麗な姿を見せてくれます。
秋は落ち葉が綺麗な絨毯でしたが、今回は雪山ですっぽり囲まれていました。

夏は緑の葉が青々と茂ってまさに緑のカーテンならぬ、緑の屋根の下を通学しているような感じでしたが、今は雪の塀のそばを歩いているような感じです。夏や秋には時々野生のリスにも会えましたが、冬はまだ見たことがありません。でも時々餌を探しているようです。歩道が除雪されていない時はすねの中頃まで足が雪にはまってしまうこともあるので、毎朝早朝から除雪してくれている作業員さんには感謝感謝です。

Hämeenpuistoという細長い公園も今は雪の絨毯と時々雪化粧する木がまた綺麗なんです。

夏はブロッコリーのように見えるぐらい緑でいっぱいの木でしたが、今の時期は雪と晴れた日に見える青空と合わさったこの景色も好きです。

夏や秋は出店が出来たり、公園で遊ぶ人の声がしたり賑やかでしたが、今は暗くなった時のイルミネーション(と言っても木にちょっと飾っている照明程度ですが)がキラキラしても、クリスマスが過ぎた頃から、みんなそこまで関心を示さず、ささっと通り過ぎていっているように見えます。
クリスマス前にあった出店の時にはドーナツが凍っていたようで、室内で少し置いてから食べてって言われたのを思い出しました。
kozumomにとっては、季節ごとの思い出がある公園です。
日中お日様が出ると散歩に出てくる人も多いようで、少し人が多くなり、公園がほんの少し賑わうだけでもなんとなく嬉しくなるkozumomです。

夕焼けにも見えますが、これは15時頃です。

定期的に同じ場所から撮影すると、季節の変わり目を感じることができて楽しいです。ぜひ秋に投稿した景色もあわせてお楽しみください。

フィンランド生活の記念に、フィンランドの郵便局Postiの配達車と一緒に撮影。こちらでは大きな荷台を手で押しながら配達員さんが配達してくれます。
さて、2月に入ってkozumomがバタバタしているのは引っ越しとブログのことだけではありません。学校を辞める手続きも進めなくてはいけないのです。kozumomの通う学校では、担任の先生の他に、学校カウンセラーの先生も一人一人と深く関わってくださっています。今回は帰国までに取得する単位の調整や出席する授業を急遽変更対応してくださったり、本当に個々と向き合う学校に通うことができて本当によかったと思っています。日本語だと簡単な手続きもやっぱり英語だと、メール一つ書くにしても、話をするにしても時間がかかってしまいます。この件については、メールのやり取りで手続きも進められそう、やっと落ち着くかなと思っていたら、なんと、またまた新しい先生が担当してCV(履歴書のようなもの)の書き方と、面接練習的な講習もあることが判明。先日、そのCV指導担当の先生が授業中やってきて「あたながkozumomね!一緒に頑張りましょう!」と、フィンランド語で書かれたスケジュールを見せられ、矢継ぎ早に話され(しかもフィンランド語笑)!来月帰国なんですけど・・・とも言い出せないぐらいの勢いで。。。たくさんの先生とクラスメイトと思い出がいっぱいの学校生活は最後まで何が起きるかわかりません。今日は午後から授業、頑張ってきます!次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、Moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
初めての海外生活、あっという間に毎日が過ぎていきます。
kozumomのブログを読んで「フィンランドに行ってみたい!」「kozumom頑張れ!」と思ってくださった方はクリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村


フィンランド(海外生活・情報)ランキング

創業天保3年、京都宇治の老舗茶屋「伊藤久右衛門」は大切な人への贈り物に、自分へのご褒美に。

美味しいものをお気に入りの食器でいただく・・良い時間ですね。

投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。