Tampere

タンペレのおすすめ美術館 Sara Hildénin taidemuseo 行ってみたよ

Moi!
皆様いかがお過ごしですか?タンペレは久しぶりに雪が降っています。kozumomは引っ越しの荷造りで首と腰を痛めないように、少しずつ片付けをしています。さて、今回は先週行ってきた素敵な美術館の紹介です。

タンペレ駅から徒歩で約30分程の場所にあります。この美術館は遊園地のすぐ側にあり、バスをご利用の方は、バス停「Särkänniemi」で下車となります。タンペレ中心地は歩きやすい街なので、街を見ながら歩いて30分は苦にならない道だと思います。

今回の展示はフィンランドで著名な画家の一人Anna Retulainenさんの個展でした。(写真撮影についてはフラッシュをつけなければ撮影OK。SNSやブログにも掲載していいと確認ができましたので、作品も少しですが一緒にお楽しみいただけたらと思います。)

美術館を入ったすぐのフロアは、照明と外から入ってくる光の明るさもあり、広く感じます。特に見学ルートが決まっていないのですが、kozumomはいつもこのフロアを見ると、下のフロアへ移動します。

下のフロアからは、Näsijärviが見えます。夏は青々した木々の葉っぱが綺麗に湖の反射に彩りを添え、冬は銀世界で時間帯によって空の色が変わるのでいつ眺めても綺麗な景色。まるでこのガラス一面が大きな額縁に入った作品のようです。

カフェの中にも素敵な展示がありますよ。

カフェは美術館入り口とは別にも入り口があったので、カフェだけご利用も可能のようでした。

kozumomと夫はケーキとコーヒー。息子はコーラを頼みました。珍しいコーラの瓶!ケーキはどちらも甘すぎなく、展示を見た後にゆっくり、もしくは途中でゆっくりでもおすすめの、くつろげるカフェでした。

地下のフロアにはカフェのほか、小さなシアタールームもありました。

ショップの他にも、こうして作家さんの作品集などをゆっくり見ることができるスペースもいいですね。決して大きな美術館ではないですが、立地や窓から見える景色も含めて、おすすめの美術館と言えるのかもしれません。
もちろん、各フロアの窓から見える景色はどれも綺麗です。

受付カウンター前がショップスペースになっています。美術館の入館料は大人14€、子ども・学生は5€。年会費72€のミュージアムカードを持っている人は無料です。
サルカンニエミ周辺で観光、もしくはお茶タイムをする方はぜひぜひカフェに、よってみてくださいね。

美術館を出てすぐに見上げることができるナシンネウラ・タワー。
美術館近くのおすすめの観光スポットはこちら!

美術館を出ると、夕焼けが綺麗でした。夏に賑わっていた遊園地は今は閉園中。ああ、次の開園はもう帰国しているんだよなと思うと少し寂しくなりましたが、またきっといつか来るねとこっそりゲートと約束しました。

今日のわんこは、かっぱをつけてお散歩の写真です。雪道のお散歩もだいぶ慣れたわんこたちです。
最後の晩餐ではないですが、帰国まであと少し、何が食べたい?と聞いても、家族みんな疲れが出ているようで、何でもいいとなっています。こんな時は病気になりやすいので要注意!とりあえず、体を温める、栄養のあるものが一番・・・やっぱりサーモンスープかな?!次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
初めての海外生活、あっという間に毎日が過ぎていきます。
kozumomのブログを読んで「フィンランドに行ってみたい!」「kozumom頑張れ!」と思ってくださった方はクリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村


フィンランド(海外生活・情報)ランキング

全国の愛犬・愛猫家さんのためのオンライン・ショッピングサイトです。

1977年創業、フランスの老舗高級チョコレートブランド。大切な人への贈り物や自分へのご褒美に!

投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。