Tampere

タンペレのおすすめスポット Messukylän vanha kirkko 行ってみたよ

Moi!
約1週間ぶりに午後から家族全員揃ってお出かけ出来る!とわくわくどこに行こうか考えましたが、kozumomの汗疹と湿疹が悪化しないように、なるべく直射日光の当たらない所へ行くことに。
フィンランドの貴重な夏のいい天気!お外以外はもったいない。でも今日はお外は我慢してバスに乗って教会に行ってきましたよ。

Messukylän vanha kirkko(Messukylä Old Church)

タンペレ駅からバスと徒歩で20分程度の場所にあります。出発するバス停によって使用するバスと停車するバス停が異なるようです。
kozumomは9番に乗りKivikirkkoというバス停で降りました。そのバス停から徒歩5分の所に教会があります。

元々はオルガンに興味があり、教会巡りを始めたkozumom。でも今回Messukylän vanha kirkkoを選んだ理由は他にあります。
そう、この教会はタンペレで最古の建物と知り、興味津々。100年ほど木造の時代があり、現在の石造の教会に建て替えられたのが 1510〜1530年前といわれているそうです。
500年近く前の教会。
当時の生活はどんな様子だったんだろうかと考えながら、教会内を見学しました。

天井が低めな入り口から入ると、右手にリーフレット関係、聖書、左手には1697年から1708年にかけて使用された大きな鐘があります。

さらに進むと、歴史を感じさせる白い壁と木の防腐剤なのか、独特のにおいが漂い、長い長い歴史の中へと引き込んでくれます。

シャンデリアは蝋燭でした。祭壇は絨毯はなく、質素な木の床です。

祭壇を包むように、壁画が描かれています。現存は修復されたものですが、それでも味わいのある壁画です。

1430年〜40年代の木製の彫刻。

説教台は、フィンランドで唯一、木の装飾が施されているそうです。

色々な角度から教会内を見てみましょう。

kozumomが何か書くよりも、写真で教会の雰囲気が伝わればいいなと思います。

教会は結婚式の会場としても人気のある場所だそうです。
徒歩5分ほどの場所に、新しい教会もあります。こちらは日曜日の入れるようなので、また今度ご紹介できればと思います。

これまでご紹介した教会はこちら

先日、日本語がとても上手なフィンランド人のお友だちと一緒に買い物を楽しみました。
スーパーとkozumomが苦手な薬局でお買い物。
薬局ではニキビ用のクリームと汗疹にもOKのボディソープ、目薬を買いました。
kozumom薬局では苦い経験があります。専門用語を予め調べても、いざ店内で目当てのものを探そうにもフィンランド語だとさっぱり。
日本でも見た事のある商品でも日本と違う成分が入っていたり、含まれる量が異なったりするので、説明を細かく読んで購入しないと、えらいこっちゃになります(同じものもありますのでご安心ください)。
スーパーでは食材をどうやって調理するかを聞きながら商品を見てまわり、これまで購入した事のないパンやヨーグルト、ビールも挑戦!
また食べられる食材が増えて嬉しいkozumomです。
失敗を恐れ、一人ではなかなかできないことも、手を差しのべてくださる方が近くにいることはとてもありがたいですね。
次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、Moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
私はタンペレが大好きです。タンペレの素敵なところがお伝えできればという思いで書いております。
「タンペレ素敵!」「タンペレ行ってみたい!」と思ってくださった方はクリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村


フィンランド(海外生活・情報)ランキング

投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。