Tampere

タンペレのおすすめスポット ふれあい動物園(サルカンニエミ・アドベンチャーパーク) 行ってみたよ

Moi!
昨晩はフィンランドに来て1番の大雨と雷。
久しぶりの雷にわんこもびっくりしていました。
さて、今回はいよいよシリーズ最終回?!
先週末行ったサルカンニエミ・アドベンチャーパークの中からふれあい動物園と水族館についてご紹介したいと思います。
(前回までにご紹介したナシンネウラ・タワーについては タンペレのおすすめ観光スポット ナシンネウラ・タワー 行ってみたよ , 遊園地についてはタンペレのおすすめスポット 遊園地(サルカンニエミ・アドベンチャーパーク) 行ってみたよもぜひご覧ください。)

タンペレ駅から徒歩35分程度。バスの場合は、徒歩の時間も合わせて28分程度かと思います。展望タワーや遊園地、水族館など1日たっぷり遊ぶぞ!という方は、徒歩よりもバスなど乗り物の方が体力温存になりそうです。

こちらは小さいお子さんが喜びそうなものがたくさんあります。
約20種類の動物を近くで見ることができ、カフェやショップ、体験コーナーや遊び場があります。
kozumom一家が行った時間は遅めの昼食を取る方が多い時間だったようで、カフェはほぼ満席でした。
動物園といっても、ぞうやきりんなどの大型動物はいないのですが、遊園地から遠くないところにあるので、遊園地と動物園を両方楽しむのもいいですね。
kozumom家も子どもが小さい頃は、年間パスポートを作って動物園によく通いました。そこは動物園に行くまでの道も混み、動物園に着いたら着いたで車を駐車するだけでも大変。
それに比べてここは遊園地と一緒に楽しめる距離。何て贅沢だろう。しかも、フィンランドは日本のように大渋滞しないので車で移動しても、駐車場がなくて何十分も車で待つなど、困ることもなさそうです。

ゲートから入り、左回りに進みました。
お手洗い(写真の左に小さく写っているのがお手洗い、可愛い建物なんです)、ショップ、カフェのエリアになっています。

一つだけ大きく立派な建物があったので入ると、中は食卓の再現でした。
なんだか子どもが小さい頃読んでいたバムとケロの絵本を思い出しました。

カフェはほぼ満席で、飲食しないのに入る勇気がなく、写真は撮れませんでしたが、インテリアも素敵でした。
ここからはまた違った雰囲気に。

お化け屋敷かと思いましたが、中は子どもがぴょんぴょん遊べる施設でした。
フィンランドにもお化け屋敷ってあるのかな?
あったら入ってみたいです。

続いては動物コーナー。何がいるかな?

この日は動物たちも暑そうでした。
あまりに動かないので置物かと思ってしまった動物も。豚さんなど触れる動物もいましたが、抱っこできる動物はいませんでした。

小さな水車も人気がありました。

水浴びしているところも見ることができましたよ。

馬小屋!とワクワク入りましたが、中にはうさぎがいました。
大豪邸に住んでいるうさぎさんですね。

19世紀のフィンランドの様子として、家の中や馬小屋、お店の再現があります。子どもにも親しんでもらえるように可愛らしい牛さんがいたりします。
このエリアにご興味がある方は、アムリ労働者住宅博物館 もおすすめですよ。

・・・
いかがでしたか?
kozumom一家は遊園地の途中で来たので、遊園地で体力を使い切ったつもりでしたが、やはり可愛いものや動物に触れると元気が出ますね。
遊園地で年間パスポートを持っているお子さんを見て、身長制限で乗れない乗り物があったら割高じゃないかなと思いましたが、遊園地と動物園、展望タワー全部をシーズン中楽しめるのなら、お得かも!と思いました。
写真は撮りませんでしたが、小さないかだもありましたよ。
フィンランドで初めてのふれあい動物園。ほのぼの過ごしました。
ちょっと行ってみようかな?と思った方。
詳しくはHPをご覧くださいね。

ざ!水族館。というよりはナシンネウラ・タワーの入り口手前から入場するようになっているので、うっかり通り過ぎてしまいそうでした。
もしや他にちゃんと水族館!としてあるのかな?と不安になりましたが、ここが水族館と。
フロアはとてもコンパクトです。世界の水に生息する生き物はこんなのがいるよ、とお子さんに見せるには良いと思います。
大きな水族館で、マグロやサメやくじらなどを見てきた方から見ると小さくてつまらなく感じるかもしれません。
ひんやり休憩しながら鑑賞がおすすめです。

昨晩の雨のおかげか、今朝は少し涼しくなったように感じます。
窓も全開にして、日中の暑さ対策に空気を入れ替えていますが、風が冷たすぎるので時々羽織りながら過ごしています。
湿度が低いので、風が軽やかに吹く感じがします。
この調子で涼しくなれば、首の汗疹もよくなりそう。
夏用の掛け布団も買いに行かなくては。タオルケットみたいに肌触りがいいものが見つかりますように。
ここまで涼しいと眠くなってしまいますが・・・
次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、Moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
私はタンペレが大好きです。タンペレの素敵なところがお伝えできればという思いで書いております。

「タンペレ素敵!」「タンペレ行ってみたい!」と思ってくださった方はポチッをしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村


フィンランド(海外生活・情報)ランキング



投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。