Memo

ふう、重い腰を上げて 帰国の荷造り始めなくちゃね フィンランド生活備忘録

Moi!
皆様いかがお過ごしですか?あっという間に1月も最後の日になりました。今回はフィンランド生活備忘録、帰国のための荷造り(できず)編です。

荷造りしなくちゃの前に、やること山積み

この写真は日本からフィンランドへ出発する時の荷造り。不安が大きかったと思っていたけど、今から思えば、夢もあったし、ドキドキしながら楽しい荷造り。スーツケース7つのうち、4つは予め宅配便で空港に届ける手配をしたので、その4つの写真です。犬がマーキングしないように、ダンボールと猫よけでガード。こっちに来る時の荷物はどうやって分けて入れたかな?など思い出すために、出発の時の荷造りのメモやその時の写真を見ただけでも、出発直前の事を思い出して手が止まってしまいます。

なかなか進まない最初の取り掛かり。まずは返すもの、売るもの、譲るものなどに分類するはずが・・・・

ダイニングテーブルセットはセカンドハンドで購入。ソファーベッドは大学の職員の方の協力でただで譲ってもらえました。

kozumom一家は入国して数日間隔離期間があったため、夫がお世話になる大学との連絡が遅くなってしまいました。(今思えばメール下電話で先に連絡しておけばよかったと思うのですが、のんびり夫は律儀にも直接挨拶が先と思ったようです。)
実は大学の方で、夫のリサーチ関係のサポートをする職員とは別に、家族の生活全般のお世話をしてくださる担当の方が手配されていたんです。しばらくしてその方とやっとお会いできたのですが、それまでそのありがたい配慮を知らず、ダイニングテーブルや家電を自分たちでセカンドハンドや通常のお店から新品で購入したりして揃えていました。そりゃあ、そうだ。毎日真っ暗な中生活できないし、ご飯も作らなきゃならないので、それは仕方ない。でも、たった1年間のためのベッドはどうしようか、マットレスだけにしようかなどと悩んでいた時に、大学の職員さんがささっとネットでベッドや机と椅子3人分、本棚、kozumom用のソファーベッドを探してくれました。彼女の手に掛かれば入手できないものはないのでは?!と思うぐらい、仕事の早い、頼もしいお世話担当の職員さんです。彼女が手配してくれた家具で唯一払ったのは椅子10€のみ。大学内には留学生が残していった食器や衣類などを保管しておくストレージがあり、そこからも食器やカーテンなど譲ってもらいました。
kozumom一家は車もないので、自力でここまで揃えようとすると、かなり時間がかかったと思います。kozumomの子供たちの学校の手続きのサポートなど、とにかくお世話になりっぱなしでした。

そう、長々なりましたが、テーブルひとつとっても思い出を思い出しては手が止まり、結局処分するもの、大学に返すもの、日本に持ち帰るものを分けるリストづくりで手が止まってしまっています。こうしてあっという間に1月が終わろうとしている、今ここの段階です。売るものは売れるまでの期間を考えて、早々公表しないといけないですし、返すものは車の手配のお願いなどもあるので、思い出に浸っている場合ではないですね。
寂しくなりますが、処分するもの以外は、次の持ち主さんに気持ちよく使ってもらえるように、手際よく分類リストアップを進めながら、きれいにして準備しなくてはいけません。

kozumomおすすめのセカンドハンドショップ情報はこちら。

眺めているだけであっという間に30分。フィンランド生活で知ったキャンドルの癒し

実はキャンドルなんで小洒落たものは、全く興味がなかったんですよね。仏壇にある蝋燭ぐらいしかつけたことがなかったかも。でも、いただいたキャンドルをつけ、そのキャンドルの火を見ていると、なんだか落ち着くというか、無になれる。そんな素敵な世界を知ってから、すっかりキャンドルにハマってしまったkozumom。寝る前の数時間のこのキャンドルの明かりが心地よいです。
あっという間に時間が経ってしまうぐらい、ずーっと眺めて、そして大きなキャンドルの方は溶けた所を色々な形にして溶かすのが面白い。つい蝋を溶かしすぎて芯が蝋で濡れて火がつかなくなる失敗も多々あり。日本に帰国してからもキャンドルは時々使いたいです。
帰国するまでにもう少しキャンドルスタンドも探さなくては・・・

春が待ち遠しいような、そうでないような・・・ちょっとずつ日が長くなるフィンランド生活

1月30日撮影。天気は曇りでも遠くの空に青空が見え隠れていました。

ここ数日は気温が下がり、水曜日はマイナス20度ぐらいになるようです。それでも、少しずつ日照時間は伸びていて、やっぱり明るい1日の方がいいなと思うこともありますが、kozumomはフィンランドのこの寒い、ちょっとグレーのかかった曇りの日の空も好きです。春になるのが待ち遠しい、でもフィンランドの春を感じる前に帰国するんだよなーと思うと、やっぱり憂鬱になります。
ま、簡単に言えば、帰国を考えると情緒不安定になっているんだと思います。ここは冷静に、やるべきことは進めないといけませんね。
日本から持ってきてよかったなと思うもの、これ使わなかったから持って来なくてもよかったかもと思うものなどのリストアップもコツコツと。いつかサバティカルに帯同するご家族のお役に立つように、まとめたいと思います。

今朝の散歩。朝8時台。ちょっとずつ朝も明るくなっています。フィンランドの除雪車が前方で除雪しながら進み、車後方から転倒防止の石を巻いていく姿はかっこいいです。いつか働く車の写真もご紹介したいです。
さて、1月のkozumomはというと、ダイエットは横ばいでしたが、筋力は若干アップ!学校生活はかなりエンジョイ、学校生活に戻って英語とフィンランド語のヒアリング力はかなりアップ、でも話す時は相変わらず頓珍漢な事を話して相手を困らせています。引っ越しの準備は思い出に浸って全く進まず。変わらずにいたのは犬大好き。そんな感じです。2月はどうなるだろう。次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、Moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
初めての海外生活、あっという間に毎日が過ぎていきます。
kozumomのブログを読んで「フィンランドに行ってみたい!」「kozumom頑張れ!」と思ってくださった方はクリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村


フィンランド(海外生活・情報)ランキング

1977年創業、フランスの老舗高級チョコレートブランド。大切な人への贈り物や自分へのご褒美に!

kozumomも利用中のエックスサーバーは、安心と快適さを兼備した国内シェアNo.1のサーバー!速度No.1の高性能レンタルサーバーです。

投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。