Memo

カンテレレッスンもいよいよ大詰め たくさんの技術を学ぶ フィンランド生活備忘録

Moi!
皆様いかがお過ごしですか?kozumomはえらいこっちゃと言いながらも、フィンランド生活、ラストスパートでエンジョイしております。今日はフィンランドに来て習い始めた楽器カンテレ(Kantele)について書きます。

5弦から作られる幻想的な音空間。2台になるとさらに広がる可能性。

いつもは5弦のカンテレを太ももの上に立てるように持って演奏したり、横にして置いて弾く持ち方などを練習してきました。持ち方の他にも奏法や指の使い方も複数パターン習ってきましたが、今回初めて一人で2台を並べて使う作品に挑戦しました。

先生がkozumom夫婦のためにさらに追加で5弦カンテレを用意してくださったので、練習環境も充実。5弦だけでもちょっと難しいなと思う奏法や指使いもあるので、倍になったらどうなるかはじめは不安でした。

5弦カンテレは低い方の音からレミファソラで調弦します。持って弾くときは下のほうが低弦(レ)の音(弦の番号は1)になり、太ももや机の上に横にして置く時はお腹側が高い音(ラ・弦番号は5)になります。おっちょこちょいのkozumomは持ち替えたばかりの時は、今までピアノで染み付いた指番号と弦番号がこんがらがって、ちょっと間違えが増えてしまいます。
そんな状態で2台になるのだからどうなることやらでした。
2台のカンテレを使う時は手前の方の調弦をシレミファソに変えます。完全なスケールでないことも意外で、どんな曲になるのかさっぱりの中、先生が演奏してくださいました。
なんて素敵な曲!5弦楽器を2つにするだけで、ここまで世界が広がるんだととても感動しました。

もちろん家でも練習。家では夫の楽器の調弦を変えて使っています。先生とレッスンする時は、みるみる上達した気分になってルンルンで帰宅するのですが、帰宅して一息ついて「さ!練習しよう」と楽器を出すと、「で、どうだっけ?」となりがちですが、懲りずに夫婦で頑張って練習しています。
今回の作品は、右手を上の楽器、左手を下の楽器に置き、それぞれのパート譜通りに演奏します。
1台の時よりもより広い範囲で共鳴しているからかもしれません。2台ならではの音色が病みつきになるような感覚で、もっと、もっとと練習したくなるから不思議です。特にトレモロのように両手で2つの弦(合計4つの弦)を使って交互に演奏する所はピタッと演奏できると綺麗ですが、どうだっけ?と迷いながらの演奏だと、途中でわからなくなります。まだまだ思ったような音楽には程遠いですが、一曲ずつしっかり弾けるようになりたいと思います。

数年前に指の関節が腫れるなど、体調が万全でない時期もありましたが、今はすこぶる元気で食欲も出過ぎているkozumom。引越しの事や帰国してからの事を考えると、気が滅入ることもありますが、カンテレを練習する度に、(太り過ぎだけど)健康でよかった、生きているだけで何とかなるさーねーと心が安らぎます。

オリンピックや何かの中継などで国歌を聴くと、普段は気にもしていない「私は日本人だ」と気付かされるようなことがありますが、さらに言えば、国歌以上に沖縄の三線や琉球舞踊などに触れている時に心が昂るような気がします。
多少は沖縄の音楽を勉強したとはいえ、沖縄で生活したのは20数年程。もう人生の半分は他の地域で過ごし、今の所帰省以外は沖縄に帰る予定もないですし、普段は全く意識せずに生活しているものが、ふとした瞬間に、我に帰るように何かを感じとるものがあるのは面白いことです。
皆さんにとってアイデンティティはどんな時に意識しますか?
カンテレがフィンランドの人にとってどの程度馴染みがあるかはわかりませんが、南国育ちのkozumomがポンとやってきて、そのカンテレの音に魅了され、これからもコツコツ練習を続けようと思う出会いになったことは確かな事で、アラフォーにして見つけたかけがえのない親友のような出会いをこれからも大切にしていきたいと思っています。

今日のわんこは、除雪作業の車の音にびっくりしながら散歩中の一枚です。
今日も朝早くから除雪車が頑張って雪をよけてくれますが、それでもつるつるの道は怖い。今日も学校への行き帰りにちょっと時間がかかりそうです。昨日は初めて一人でベリーパイを作りました。販売用なので終始ドキドキ、味も見た目もよしだったのに・・・まさかのカットの段階で数を間違えるという、アホな失敗をしてしまいました。それでも何とかなってしまうのがkozumomの学校のいい所です。そんな優しさに甘えず今日も頑張らなくては。次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、 Moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
初めての海外生活、あっという間に毎日が過ぎていきます。
kozumomのブログを読んで「フィンランドに行ってみたい!」「kozumom頑張れ!」と思ってくださった方はクリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村


フィンランド(海外生活・情報)ランキング

世界のトップパティシエ達に愛されるヴァローナ社のクーベルチュールチョコレート3種を厳選100%使用!チョコレート好きにはたまらない逸品です。

1977年創業、フランスの老舗高級チョコレートブランド。大切な人への贈り物や自分へのご褒美に!

投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。