Memo

泣かないぞ!と決めていた お世話になった方々とお別れ会 フィンランド生活備忘録

Moi!
皆様いかがお過ごしですか?今日のタンペレは曇り空です。さて、今回は昨日開催していただいたお別れ会について書きたいと思います。

この時は泣かないぞと決めて、直前までたくさん泣いたkozumom。

偶然にも、お別れ会当日は、数人が我が家の家具を引き取る日でした。これまであった、パーテーション、机、椅子、本棚、ベッドどんどん運び出され、引っ越ししてきたばかりの頃を思い出しました。
この狭い部屋に3人がそれぞれ机とベッドを置いて、フィンランド生活をしていました。ちょっとずつ物がなくなっていく中で、大型家具が複数なくなると一気に寂しさが込み上げてきました。

予定時刻に来てくれない方が多い中、最後の人が出発ギリギリの時間に受け取りに来たので、引き渡した後に急いで出発。家具の受け取りを待つ間も、お別れを思うと涙が出てしまっていたkozumomですが、またいつか絶対会うから!と自分に言い聞かせて出発しました。

いつもの素敵な笑顔と再会、美味しい食事を堪能。

今回はフィンランド生活でお世話になったReettaさんとEvaさん、Evaさんのお母様が開催してくださったお別れ会で、Evaさんのお母様の美味しいお食事が心も体も温めてくれました。

お母様はkozumom一家のために、オーロラの本を貸してくださったり、大事に保管していた絵本をくださったり、いつも気にかけてくださっていて、今回もきっとkozumom一家が喜ぶことを想像して準備してくださったのだと思います。
日本ではなかなか食べる機会のないトナカイのパイやシカ肉のロースト、ちらし寿司のようなサーモンのお寿司もサーモンが大好きなkozumom一家のために雑誌か何かを参考に作ってくださいました。

Reettaさんが用意してくださった「Moshi Moshi」という面白い名前のスパークリングワイン!甘味が強くなく美味しかったです。

近くでいつも誰かがkozumom一家のことを気にかけてくれている・・・・それがどれだけ励みになり、日々を過ごすエネルギーになった事か。
私たちにEvaさんとReettaさんを紹介してくれたドイツ在住のJuhaさん、本当にありがとう。
Evaさんのお母様はkozumomにサーモンスープの作り方を教えてくださったり、ホームパーティーにお招きしてくださったり、Evaさんはお忙しい中kozumom夫婦にカンテレのレッスンをしてくださって、Postiの手続きも代行してくださったり、問い合わせをしてくださったり。Reettaさんはハイキングを体験させてくれたり、演奏会に案内してくれたり、何事にも知識が豊富で困ったことがあったら何でも頼っていました。Juhaさんも面白い情報、気になる情報があれば、すぐにはるばるドイツからメッセージを送ってくれました。それぞれからたくさんの愛情をいただいたフィンランド生活。本当にありがとう。思い出すとまた涙が出てきます。

お食事の後は、Evaさんと夫とkozumomでカンテレを演奏しました。3曲用意しましたが、kozumomはちょうど指先にまめがいくつかできて、潰れて痛い時期。今できる1番の演奏を!と頑張りましたが、お酒を飲んでいたこともあって、あれれという演奏になっていまいました。
今回はちょっとあまり納得のいく演奏ではなかったので、もっと上手になってまた披露したいです。
デザートはフィンランドらしいベリーがたくさんのったチーズケーキ。美味しい、楽しい時間はあっという間ですね。

皆さんから素敵なプレゼントをいただきました。
kozumomはmarimekkoのクッションカバー。素敵な柄で使うのがもったいない。しばらく飾って眺めていたいです。

皆さん、本当にありがとう。フィンランドに来たばかりの頃は、想像以上にフィンランド語の表示で(当たり前ですが、なぜかkozumomは英語の表示があるだろうと思い込んでいた)炭酸水もろくに買えず、げっそりした気持ちから始まったフィンランド生活。
でも、タンペレに引っ越ししてからは失敗しながらも素敵な方々と出会い、たくさんの思い出ができました。
帰り道、夫には「素直に泣いても良かったんじゃない?」と言われましたが、kozumomは笑顔でいたかったので、ちょっとやせ我慢にはなったけど、これでよかったと思います。
帰り道は、ちょとつるつるで危ない道もありましたが、kozumom一家は幸せな気持ちで足取りが軽かったです。この道もあと数日なんだなー、この夜の道はあと何回見れるのだろうと思いながら、今日も楽しかったねと話しながら帰宅しました。

子どもたちもそれぞれお友だちとご飯を食べに行ったり、荷物を片付けたり、最後の数週間を余すことなく楽しもうとしています。家族で思い出を作ることも大事ですが、それぞれの人生のスペシャルな一年になるように望んで始めたフィンランド生活。kozumomは子どもたちが友だちとどこに行った、何食べたと話を聞くことを楽しみにしています。
今日のわんこはクレートの中から。どんどん大きな家具がなくなるので、室内の音もだいぶ響くように。人間でもうわっと感じるぐらい響くので、犬にとっては辛いだろうな。なるべくマットレスやバスタオルを広げるなどして、音の反響を和らげるようにしています。これももう少しの辛抱ね。次はどんな出会いがあるでしょうか。

それでは皆さん、Moi moi!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
初めての海外生活、あっという間に毎日が過ぎていきます。
kozumomのブログを読んで「フィンランドに行ってみたい!」「kozumom頑張れ!」と思ってくださった方はクリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村


フィンランド(海外生活・情報)ランキング

創業天保3年、京都宇治の老舗茶屋「伊藤久右衛門」。「春限定の抹茶スイーツ特集」や冬のスイーツグランプリ総合1位を受賞したことのある「いちご抹茶だいふく」など人気商品もおすすめです。

1977年創業、フランスの老舗高級チョコレートブランド。大切な人への贈り物や自分へのご褒美に!

投稿者

大学教員である夫のサバティカル(在外研究)に帯同する妻です。 南国沖縄生まれのアラフォー。高校生の子ども二人、愛犬2匹とともにフィンランドへ! 1年間という短い滞在期間を思いっきり楽しむことをモットーに過ごします。